文へスキップ

本会についてassociation             

近畿地区手術看護認定看護師会について

 本会は従来から活動してきた「大阪・奈良・和歌山ブロック」、「兵庫ブロック」、「京都・滋賀ブロック」の3ブロックの手術看護認定看護師会が2013年度に近畿地区として1つにまとまり再始動しました。
 手術看護の質の向上に向けて、日本手術看護学会および近畿地区学会との連携をとりつつ、近畿地区での手術看護の質の向上に向けた活動を中心に行っています。

  • 目的
  1. 手術看護に携わる看護師に対して、手術看護専門領域における教育活動と研修を行い、手術看護の質の向上を目指す。
  2. 手術看護認定看護師に対して、専門的知識・技術向上のための教育活動と研修を行い、手術看護の質向上のために貢献する。
  3. 日本手術看護学会認定看護師委員会および全国各地区の手術看護認定看護師会と連携し、手術看護認定看護師の活動を可視化する

  • 主な活動内容
  1. 手術看護の質向上を目指して専門領域における効果的な活動について協議する。
  2. 手術看護認定看護師としての質と活動について協議する。
  3. 手術看護認定看護師として互いの活動を支援する。
  4. 日本手術看護学会認定看護師委員会および全国各地区の手術看護認定看護師会と連携し、組織化の推進、実態調査等を行う
  5. その他、目的を達成するために必要な活動をする

  • 会長挨拶
施設写真

 2020年1月日本国内で初めてCOVID-19の感染が報告され、その後全国規模で感染が拡大し非常事態宣言がされるなど私たちの生活を一変させることになりました。
 加え、COVID-19に伴う医療体制への影響や、医療現場での患者さまへの影響、また医療を行うものの教育体制にまで影響が及んでいます。
 その中で、私たちは従来の認定看護師活動に加え、突発的な社会的な情勢の変化に多職種の医療従事者と今まで以上に連携し対応していくことが必要になります。今ある情勢の中で手術看護認定看護師という役割と使命とは何かを再度考え、手術看護の専門性をより高めることができるよう研鑽し実践し伝えていきたいと考えます。
 近畿地区手術看護認定看護師会は、京都・滋賀・兵庫・大阪・奈良・和歌山に在籍する手術看護認定看護師を中心に、自施設での認定活動を互いに支援しながら、近畿地区全域における手術看護の質向上を目的としたセミナーやコンサルテーションなどを企画・運営しておりました。
 先にもありました、昨今の社会情勢の変化により、従来行っていた体制を変化せざるを得ない状況ではありますが、本会の目的にあります「手術看護に携わる看護師に対する教育的活動・研修」がより良い形で提供させていただきたいと考えております。
 本会が従来より築き上げてきた様々な方法や実績(Legacy)を基盤に、今の状況に合わせた新しい考え方や価値・手法(Innovation)を取り入れ、「Legacy and Innovation」をモットーにますます良いものをご提案できればと考えております。
 「手術に携わるすべての看護師が、手術を受けるすべての患者さまにより良い看護ができるように」という理念のもと、広く社会に貢献できる組織となれるよう取り組んでいきたいと考えます。

近畿地区手術看護認定看護師会 会長 灘本 武(大阪医科大学附属病院)


     

本会の組織図



本会会員